諸々まとめて交換しました

先日のオイル交換に続いて今日もメンテを。今のマイスカブに乗り換えて10ヶ月ほどが経ち、走行距離も10000km越えました。この間のタイヤの事もあり、ちょっとマイスカブに不安が。なにせ譲りうける前の情報が少なく、総走行距離も27000kmオーバーしたので。

2010.06.20-12.17.52.jpg←今日も暑い~

ということで、作業開始です。

2010.06.20-07.56.29.jpg←いろいろお取寄せしました

交換部品はこんだけ~あります。部品代だけでもそれなりのお値段。タイヤ&パット交換も含め、今月はスカブ費用で小遣い吹っ飛んじゃいました(泣)。

2010.06.20-07.57.41.jpg

工具も徐々に増えつつあります。お初は、トルクレンチに電動ドライバー。

2010.06.20-07.58.01.jpg←始めますか

それじゃぁ、いつものように・・・・

2010.06.20-08.20.36.jpg←良く見る光景?

はい、あっという間にバラバラです。

2010.06.20-08.33.59.jpg←汚れがたくさん!

プーリーをばらすと、汚ーーーーい!!!

2010.06.20-08.20.25.jpg

フェイス面にも汚れがたくさん。

2010.06.20-08.24.44.jpg←爪がなくなってる!

ムーバブル・ドライブ・カバー、また爪が折れちゃってるし。

2010.06.20-08.26.59.jpg←溝が広がってる!

ムーバブル・ドライブ・プレート・ダンパ、溝が削れて変形してます。それにしても上の部品もそうだけど、正式名称メンドクサイですね。

DSC02579.jpg←皆さん、持ってます?

なので自分は、パーツカタログ片手に「コレ取り寄せてください」と毎度お願いしに行ってます。ちなみにヤフオクで¥500でゲットだったかな。

2010.06.20-08.40.25.jpg

ムーバブル・ドライブ・プレート、の裏にはWRの痕がこんなに。

2010.06.20-08.20.48.jpg

ドライブベルトにいたっては、印字が読めないくらいに。

2010.06.20-08.44.55.jpg←20000km走っちゃった!

目視でも明らかに細くなってるような。

2010.06.20-08.50.11.jpg←いい焼き色?

諸々のパーツを交換し、元通りに。それにしてもクラッチカバーの焼き色、凄くないかい?

駆動系の次は、

2010.06.20-09.14.01.jpg

エアクリ交換です。

2010.06.20-09.19.15.jpg←御見苦しい!!!

あらまぁ、大変なことになってますね。こんなになるまで放置したのは初めてです。たまには覗いてみないといけませんね。

最後は、プラグ交換です。

2010.06.20-09.26.53.jpg←ワンポイントの赤!

前回交換してから7500km走行してます。

2010.06.20-09.33.40.jpg←変形してる?

写真では分かりづらいですが、先端が台形に削れてます。

2010.06.20-09.35.34.jpg←コレ大事ね!

かじり防止剤をヌリヌリしてから、元に戻します。焼きついて取れなくなっちゃうとたいへんですから。最後にサスセッティングをフタを開けて覗いて見ます。

なんで???

2010.06.20-09.50.44.jpg←どう見ても

一番柔らかい設定の「1」になってるじゃん!!!

以前も同じようなことがあったような?そういえば乗り換えてから一度も確認してなかった、オイオイ。

だから、山道で曲がれないんだな?

絶対、違うと思います。

ということで、標準の一つ上の「4」で様子をみることに。果たして違いわかるかな?

 

これで思い当たる所は一通りチェックしました。なので、これからは安心してマイスカブに乗れそうです

さぁて、いっぱい乗り回すぞ!!!と言いたいところですが、来月まで乗り回す暇がないです~。前半遊び過ぎたからね(泣)、しばらくは大人しくしてよっと。

スポンサーサイト

初めてのオイル交換

スカブのオイル交換、もう何回もやってるんですが、

実は自分でやったこと一度もありませんでした(汗)。

2010.06.17-20.58.37.jpg←結構走ってるなぁ

ということで、オイルチェンジのインジケータも点灯した事だし自分でやってみることに。もちろん、スカブのバイブルを熟読して作業開始です(笑)。

2010.06.17-13.38.12.jpg←ピンボケだね

窓から覗いてみると真っ黒。こりゃヤバイね。前回交換時からオイルもあまり減っていない模様、オイル上がりの心配もなさそうです。

2010.06.17-13.39.44.jpg←汚いなぁ~

オイル受けを置いて、ドレンボルトを緩めると勢い良く真っ黒いオイルが出てきました。近所の奥さんと立ち話をしながら完全に抜けるまでしばらく放置です。

完全に抜け切ったところで、最近ご愛用の

2010.05.13-18.26.54.jpg←うちにはこんなにありません!

NUTEC ZZ-03を注入。購入先はこちら。ここは送料込みでこのお値段、お買い得です。

2010.06.17-14.01.17.jpg←飴色で、美味しそう

入るだけなんて、丼勘定はやばいと思ったので、ちゃんと量って1400ml、Fレベルまで入れました。これでまたマイスカブもすこぶる元気になるでしょう。

キャンツーの時、タイヤバースト寸前になったことで、メンテの大切さを身に染みました。なので、この際思い当たる所はすべてチェックしてみようかと。

で、オイルの次は、ドライブベルトエアクリだな。

にりんかんに発注してこよっと。

キャンプツーを終えて

青森竜飛崎キャンプツー、ほんとに楽しかったです。

いつかまた行きたいなぁ、走るだけでも楽しかったですよ、気持ちのいい道が沢山あったし。他にもまだまだ見所いっぱいでしたから、今度はもう少しゆったりプランで(笑)。

じんさん、オバQさん、迷惑掛けちゃってほんとすみませんでした。コレに懲りず、また誘ってくださいね。で、来年はどこにキャンプツー行く?

 

あとメンテはしっかりやって望まないと。

今回は後一歩間違えば、確実に死んでました(汗)。

以後こんなことがないように気をつけます。

2010.06.04-19.11.21.jpg←スリックタイヤか?

こんな状態で走っちゃいけません!!!

2010.06.06-08.28.50.jpg←無残な姿に

こんなことになります、一歩間違えば大惨事です。高速乗る前でよかったぁ。

2010.06.06-15.05.13.jpg

でタイヤは無事交換できたのですが、その時

店員 「ブレーキも全然ありません。在庫もないので、そのままにしときますが、ブレーキ使わないで帰ってくださいね。ローター傷つけちゃいますから。」

B 「えっ?」

というわけで、タイヤ交換後、リアブレーキ無しの状態で青森から帰ってきたのでした。まぁ、夜の高速で空いていたのでブレーキかける状況にならなかったので良かったですが。

で、外したパットがこちら。

2010.06.08-07.42.01.jpg←これはいけません

完全に逝っちゃってます。更にエライ片減りしてるような。なのでこちらも急遽交換したので、

2010.06.07-18.37.01.jpg←更にセールで10%オフ

TFWご推奨RKのメガアロイXは在庫なく、FERODOに。さて性能はどうなんでしょうか?純正よりはいいということなので。

教訓

日頃のメンテはしっかりやりましょう!!!

はい、気をつけます(爆)

 

 

 

青森竜飛崎キャンプツー その7

ど、ど、ど、どうしようーーー!!!

2010.06.06-07.08.42.jpg←ありえません

タイヤが、タイヤが、真ん中から破けてるーーー。

J 「このままじゃ、高速は無理だよ。帰れないよ。」

B 「どうしようぉ?」

J 「とりあえず、ここじゃどうにもならないから、青森市街までなんとか行きましょう。」

B 「大丈夫かなぁ?」

J 「リアブレーキを使わず、なるべく倒しながらサイドを使って走って。最悪、転ばないように止まって。」

O 「それって、かなり難しいね。」

B 「えぇぇぇぇ(泣)」

というわけです。こんな状態で昨日は疾走してたのでしょうか?死ななくてよかったぁ。さぁて、一大事です。まだ7時、お店も空いてないしどこにあるのかわかりません。もうお叱り覚悟で、かも電しました。

B 「今、青森なんですが。」

K 「知ってますよ、楽しんでますか?」

B 「それが、タイヤバースト寸前で大変な事に。」

K 「山梨ツーの時言ったじゃないですか、あと数百km持つかどうかって!」

B 「そうなんでが、タイヤ月末じゃないと入荷しないと言われて。無理しちゃいました。」

K 「どうするの?」

B 「助けてください~、お知恵をください。」

K 「とりあえず、タイヤありそうな所調べてメールするから、開店したら片っ端から当たってみて。最悪帰ってくることが出来ればいいので、この際サイズはchibiokaさんみたいでも目をつむりましょう。」

B 「わかりました、連絡待ってます。」

とやり取りをし、細心の注意を払い、青森市街を目指します。でも50km位あるんですよ、ここから。もうその道中のことなんか覚えてません、生きて帰ってくるだけを考えてましたから。

青森市街になんとか到着、タイヤを見てみると

2010.06.06-08.28.50.jpg←もう無理だぁ~

更に悪化してる!!っていうかもう限界です。タイヤ探ししたいのですが、まだ8時半。とりあえず、朝ごはん食べてから考えましょってことで、

2010.06.06-09.04.30.jpg

2010.06.06-09.04.26.jpg

2010.06.06-08.44.34.jpg←美味しそう~

AUGA地下にある新鮮市場の丸青食堂で三色丼を頂きます。折角なので、ホタテをマグロに変更してもらいました。いやぁ、とっても旨かったです。それだけは、よく覚えてます。あとは、なんかあったかなぁ?もうね、タイヤの事しか頭になく覚えてません(泣)。

2010.06.06-09.17.26.jpg←タンデムしながらパチリ

食事後、かもじろ~さんのメールを頼りにお店を探索。しかし、関東と違いバイク屋さん本当に少ないです。全国展開のお店に立ち寄り、タイヤあるか聞いてみると

J 「すみません、150/70 R13のタイヤってあります?」

店員 「いやぁ、置いてないですねぇ。」

J 「この際、帰れればいいんで130/70でもいいですが。」

店員 「こっちはスクーター乗りが少なくて、置いてないんですよ。」

J 「なんとかなりませんかぁ?」

店員さん店内に戻りしばし時間が過ぎます。もう帰れないんじゃないかという思うと、2人に悪いなという思いで泣きそうです。って、いうか本当に泣いちゃいました(泣)。

店員 「うちにはないんですが、八戸店にならありますよ。」

J 「じゃぁ、取りに行きます。距離どの位あります?」

店員 「結構ありますよ。下道で100km。」

一同 「100km!!!、ちょっと考えさせてください。」

さすがに片道100kmはどうにも無理でしょ。ということで、じんさんが近くのお店を手当たり次第に当たってくれる事に。1時間後、

J 「だめだ、どこも置いてないって。」

B 「どうしよう?100kmなんて絶対走れないよ、このタイヤじゃ。」

もういろんな事が頭を駆け巡りおかしくなっちゃいそうです。そんな自分を見かねたじんさん、お店と交渉の末、

J 「俺が取りに行ってくるから。2人はなんとかここまでスカブ持って来て。」

B 「えっ!本当にいいんですか?」

J 「それしか帰る方法ないしね。そんなに落ち込まないで、こんなこともあるよ。」

2010.06.06-10.50.14.jpg←救世主、じん

ということで、じんさん八戸に向かって出発していきました。4時間後、

2010.06.06-15.05.13.jpg←良かった~

無事タイヤがつきました。自分とはイマイチ相性が良くないPilot SPORT SCですが、この際帰れればいいんです。もちは短いですが、暖かい時のグリップは凄くいいですから。冬前に換える事を思えば、逆にいいチョイスかも。それよりなりより、

じんさん、往復200km。本当にありがとうございます。

この時点で、15時を回っています。かなり時間も押しているのですが、折角なので最後まで予定通りにということで、

2010.06.06-15.18.49.jpg2010.06.06-15.25.18.jpg2010.06.06-15.25.53.jpg2010.06.06-15.26.52.jpg2010.06.06-15.27.56.jpg2010.06.06-15.29.28.jpg

最後は、ねぶたの里もしっかり観光。館内には大きなねぶたが何台もありました。ねぶた踊りの実演もしてましたよ。これにて、全工程終了。あとは、ひたすら高速を走って帰るだけです。

2010.06.06-16.10.15.jpg

200km前後で給油&休憩しながら、

2010.06.06-17.13.19.jpg

2010.06.06-17.25.10.jpg←自衛隊に拘束?

2010.06.06-21.19.16.jpg←仙台で牛タン!

日も変わった1時過ぎ、上里SAに到着。ここで、じんさん&オバQさんとお別れです。

2010.06.07-02.36.46.jpg

2時半過ぎ、無事帰還しました。

本日の走行距離 836.4km

2010.06.07-02.37.11.jpg

3日間の総走行距離 1676.6km

いやぁ、よく走りました。

20100606999.jpg

 

青森竜飛崎キャンプツー その6

2010.06.05-17.13.25.jpg←また、来るぜ!

竜飛崎を後にした3人は音速のごとく、山の中を駆け抜け日が沈む前に今夜の寝床、

2010.06.05-18.23.23.jpg

金木オートキャンプ場に無事到着。いいキャンプ場なんですが更に無料と太っ腹です。早速、テントの設営開始、オバQさんからは少し離れてテントを設営(笑)。バイクでキャンプが珍しいのか子供達が次々と見にやってきました(笑)。

さぁ、寝床の準備も出来たことだし、汗流しに温泉に行って、そのあと買い出しに行きましょう。で、この近くに面白い温泉があると言うので行ってみる事に。

2010.06.05-18.44.58.jpg←小田川温泉

2010.06.05-18.48.10.jpg←無残な姿

しかし、行ってみると跡形もなく焼け落ちていました。呆然としていると怖いおじさんがやってきたので、そそくさと退散です。その後、もう一つの温泉に行ってみると、こちらは去年廃業してしまっていました。もうなんだかなぁ。

2010.06.05-18.53.53.jpg←夕日が眩しいぜ

仕方がないので、ショッピングセンターで買出しを済ませ、キャンプ場近くのクアハウスみたいなところで、なんとか閉店間際のところを入れていただきました。秋田・青森と、怖い変な人も多かったけど、それ以上にやさしくていい人が沢山いたなぁ。それに美人さんが沢山いたような気がする、羨ましい~。

2010.06.05-19.59.01.jpg←ギリギリセーフでした

さっぱり汗も流せた事だし、戻って宴会しましょ~。

2010.06.05-20.13.44.jpg←やっぱこれでしょ

乾杯ーーー!!!

2010.06.05-20.16.59.jpg←肉ばっかり並んでる

今日の事を振り返ったりしながら、楽しい夜はあっという間に更けていきましたとさ。キャンプ楽しい~、虫の声を聞きながら、ランタンのほのかな明かりの下で飲むお酒、最高です。本当に贅沢な時間を過ごせました。

今日は朝早くから走り通しだったし、明日は家に帰らなければなりません。しっかり今日は寝ておかなければ。ということで、早いですが23時過ぎにお開きに。

本日の走行距離 約400km

2010.06.05-23.00.38.jpg←さすがに夜は冷えます

2010.06.05-23.12.17.jpg←あっという間に夢の中

自分は寝袋に潜ったとたんに眠りに落ちていました。

2010.06.06-06.07.45.jpg

そして、清清しい朝を迎えました。そして、早々に撤収作業を始めたところ事件は起きました。

J 「blueさん、これだめだよ。」

なんじゃ、こりゃぁーーー!!!!

その7へ続く・・・

20100605000.jpg

5日の日記

寝床確保

青森竜飛崎キャンプツー その5

さすがに朝7時から走り続けているので、そろそろお腹が空いてきました。

2010.06.05-13.18.17.jpg←延々と続きます

ありえないほどの直線が続き、信号もない広域農道を走りぬけ、着いた先が、

しじみで有名な十三湖。そのほとりにある、

2010.06.05-14.08.49.jpg←有名店らしい

青森なのに、和歌山(笑)。ここで、

2010.06.05-13.47.25.jpg←雑誌と同じ~

某有名雑誌にも載っている、

2010.06.05-13.50.07.jpg←旨い!!

特製しじみラーメンを頂きます。最初はしじみがのってるだけでしょって思ったのですが、いやいやどうして。あっさり塩ラーメンでしたが本当に美味しかったですよ。写真では分かり難いですが、しじみがあさりサイズです。これにはびっくりしました。

腹ごしらえもしたことだし、じんさんがどうしても走りたかったという竜泊ラインを疾走します。もちろん、2人が見えなくなった後を必死に追いかけていったのは言うまでもありません(泣)。

2人に遅れること数十分。やっと着きました、見晴らしのいい展望台に。そしてそこから見えたものは、

2010.06.05-14.45.02.jpg

2010.06.05-14.52.10.jpg←函館山が見える~

2010.06.05-14.44.22.jpg

2010.06.05-14.44.37.jpg

2010.06.05-14.52.24.jpg←先っちょ制覇!!!

そうです、北海道です。雲海の向こうにはっきりと函館山が見えました。初めて見ました、北海道。本当に端っこまで来たんですね、我ながら凄いなぁと。

2010.06.05-14.55.56.jpg←バックは北海道!!!

存分に眺めを楽んだ後は、竜飛崎の先っちょまで行きましょう。その前に、じんさんが弱鉄の自分のためにこんなところに寄ってくれました。

2010.06.05-16.08.10.jpg

2010.06.05-16.08.36.jpg

2010.06.05-16.06.46.jpg

青函トンネル記念館行くしかないでしょー!!!

2010.06.05-15.11.55.jpg2010.06.05-15.20.36.jpg2010.06.05-15.20.54.jpg2010.06.05-15.24.10.jpg2010.06.05-15.25.53.jpg2010.06.05-15.29.27.jpg2010.06.05-15.44.01.jpg2010.06.05-15.48.05.jpg

ケーブルカーに乗って海底140mのトンネル坑道へ。いやぁ、とっても楽しかったです。じんさん曰く、目の色が違ってたって。だって、だって、凄く嬉しかったんだもん~。ありがとね、じんさん。

そんな楽しい所を出ると、辺り一面霧の中。北海道は見えなくなってました。

2010.06.05-16.24.09.jpg

2010.06.05-16.34.00.jpg

で、ここにしかない階段国道階段村道を眺め(歩いちゃいません)、

2010.06.05-16.31.03.jpg←後ろは真っ白!

恒例の記念写真を撮り、

2010.06.05-16.50.29.jpg←岬には灯台ね

2010.06.05-16.38.08.jpg←いか旨かったなぁ

やきいかの文字に釣られ、夜のツマミを物色。あのじんさんが、おばちゃん店員の押しの強さにタジタジでした(笑)

この時点で、すでに17時。さぁ、今夜の寝床に帰りましょう。まだ50km以上あるんですが。山の中を超高速で疾走し、必死になって2人を追う自分。この時点でなんだかマイスカブに違和感を覚えました。なんなんだろう?

その6へ続く・・・

 

青森竜飛岬キャンプツー その4

男鹿半島を制覇した3人は、

2010.06.05-09.01.04.jpg

しばし海岸線から離れ、山の中へ。

2010.06.05-09.03.39.jpg

2010.06.05-09.04.00.jpg

すると前方には、気持ちのいい高原道路が。クネクネしながら登っていくと、

2010.06.05-09.09.54.jpg

西には今走ってきた男鹿半島、東には八郎潟が一望できる、寒風山の頂上へ。

2010.06.05-09.08.34.jpg

2010.06.05-09.10.08.jpg

2010.06.05-09.10.17.jpg

ガスってなかったら、もっと良かったのですが。それでもとてもいい眺めでした。

TFWの掟「ソフトクリームがあれば食べるべし」なるものがあったような?そんなわけで、

2010.06.05-09.17.04.jpg←秋田美人のお姉さんに

秋田名産おばこソフトなるものを頂いてみました。「おばこ」とはなんか薬草みたいな物だったような。とにかく、茶葉の粉末みたいでした。でも、この苦味がソフトの甘みを引き出していて意外においしかったです。東北地方では「おばこ」とは女性や娘を指すらしいです。

2010.06.05-09.17.33.jpg←苦味が絶妙です

ここもホントに立ち寄るだけで、もう出発です(笑)。

2010.06.05-10.00.52.jpg←ずっと真っ直ぐ!

大潟村のどこまでも続く直線道路を走り抜け、

2010.06.05-10.05.58.jpg

風力発電の大きな風車を眺め、

2010.06.05-11.00.18.jpg←気持ちいいなぁ~

世界遺産の白神山地の裾野を気持ちよく走り抜け、

2010.06.05-11.00.28.jpg

R101で海岸線をどんどん北上します。

2010.06.05-11.10.28.jpg←残念、五能線

五能線とランデブーするために、近くの駅に立ち寄ったのですが生憎時間が合いませんでした。仕方がないので、次の目的地に向かいます。

で、たどり着いたのが

2010.06.05-11.30.58.jpg

「黄金崎 不老不死温泉」です。一度館内のお風呂に浸かって、掛け湯をして、服を着て、外の露天風呂に行くという超メンドクサイのがいただけません。

2010.06.05-11.40.15.jpg

2010.06.05-11.41.08.jpg←混浴、混浴

2010.06.05-11.41.22.jpg←絶景、気持ちいい~

しかし、この温泉は実に良かったです。湯船に浸かると海と同一面で、絶景でした。温泉もコレでもかという位の茶色でした。また来たいなぁ、無理だと思うけど。

のんびりといつもでも浸かっていたかったのですが、この時点で正午です。はっきり言ってヤバイです。今日中になにがなんでも先っちょに行かなければいけないので。

ということで、入浴時間30分弱で出発です(笑)。走り出してすぐ、なんとまぁ、じんさんが軽トラに絡まれてしまいました。ほんと心無い人もいるもんだなぁ。バトルしてるじんさんと距離を取るために、給油したりしながら時間を置き、あとを追いかけることに。

しかし、しばらくするとなんか変だなと。かなりの距離走ったのですが、じんさんが見当たりません。どうしたんだろうと思いながら走っていると、突如ミラーにじんさんが。

話を聞いてみると、脇道に逸れて、アホな軽トラをまいたとの事。良かった良かった、変な事に巻き込まれなくて。

で、ほんとならここで今日の寝床のキャンプ場を目指すのですが、時間的にきつくなってきたので、このまま先端を目指すことにしました。

よーし、先端までひとっ走りするか!!

その5に続く・・・

 

 

青森竜飛岬キャンプツー その3

さて、乗船まで1時間もあります。せっかくなので、港を見学しますか。と思っていると、

2010.06.04-22.02.36.jpg←来たよ~

フェリーが入港してきました。今回利用するのは新日本海フェリーです。

2010.06.04-22.10.45.jpg←あざれあ号

2010.06.04-22.15.52.jpg

デカイ!!!大きすぎて全体が写りません。なので、

2010.06.04-19.36.14.jpg←全長195m

コレが全体像。模型が飾ってありました。さすが、敦賀から北海道に行くだけのことはありますね。規模が違います。

2010.06.04-22.32.17.jpg←作業風景も面白い

入港後、トラックから乗船開始。トレーラーが見たこともないスピードでどんどん積み込まれていきます。30分後、いざ乗船です。初フェリー(スカブでは)、ワクワク。

2010.06.04-23.09.01.jpg←こんなに広いです

2010.06.04-23.19.09.jpg←後ろの2人は?

2010.06.04-23.39.18.jpg←気持ちよかった~

乗船早々、寝床を確保してお風呂に向かいます。朝早いのでさっと汗を流して、

2010.06.04-23.45.18.jpg←夜景が素敵

2010.06.05-00.31.31.jpg←先は長いね

2010.06.04-23.54.49.jpg←お疲れ様~

軽く一杯やりながら、

2010.06.05-05.40.14.jpg←もちろん雑魚寝

明日に備えて、早めに就寝。もちろん、夜の帝王が寝付く前に寝なければ。

2010.06.05-05.40.09.jpg←ガラガラでした

しかーし、負けました。朝4時には轟音に耐えられず、起きてしまいました(笑)。身支度を整えていると、5時過ぎにはお目覚めの放送が入り、下船の準備を促されます。

2010.06.05-05.41.50.jpg←着いたみたい

いよいよ、東北初上陸。自分、仙台より北に行ったことがありません。

秋田港に入港し、いざ下船。外は、かなりの雨が降っています。フェリーから降りるスロープがとても怖かったです。なにせ鉄板が濡れていてツルツル、こけたらひとたまりもありません。

2010.06.05-05.58.51.jpg←生憎の雨

天気予報では午前中は40パーセントでした。でも、進む方面はなんとか明るくなっているような。港近くのローソンで雨宿りがてら朝食を取ります。

様子を見ていたのですが、なかなか雨は止みません。今後の行程もあるので、仕方なく雨が降っていますが出発することに。

2010.06.05-07.15.15.jpg←秋田と言ったら、コレ

しばらく降っていた雨が、男鹿半島の入口に着く頃には上がっていました。大きな大きな「なまはげ」が3人を出迎えてくれました。

2010.06.05-07.35.24.jpg

半島の先端目指して、いざ出発ーーー!ここからは、じんさん、オバQさん、自分の順に走ります。だって、こんな気持ちのいい道なのに、自分が頭抑えちゃったら可愛そうですから。二人とも存分に行っちゃってください。なので、2人は自分の視界からすぐいなくなっちゃいましたとさ。

2010.06.05-07.52.20.jpg

天気も回復し、この青空。とっても気持ちいいです。

2010.06.05-08.18.29.jpg←気持ちいいなぁ~

2010.06.05-08.19.41.jpg←遠くに灯台が

見えてきました、男鹿半島の先端、入道崎

2010.06.05-08.31.10.jpg←やったー!!!

2010.06.05-08.27.11.jpg←哀愁漂ってます

先端制覇した、じんさん。日本海を眺め何を思っているのでしょうか?BGMに演歌が流れてきそうな雰囲気です。ふと沖に目をやると、

2010.06.05-08.23.09.jpg←やっぱり大きいなぁ

秋田まで乗船していたフェリーが見えるではないですか。再会できて、なんだか嬉しいですよ。

景色を眺めたのも束の間。これから先のことを考えるとそんなにゆっくりもしていられません。記念撮影したところで、次に向かって出発です。

2010.06.05-08.40.11.jpg

その4へ続く・・・

 

4日の日記

男鹿半島制覇!!!

青森竜飛岬キャンプツー その2

なんだか進む先のほうに真っ黒な雨雲が・・・。大丈夫かなぁ?去年も県境で土砂降りにあったんだよなぁ。今回はマジで雨はヤバイです。何がって?

2010.06.04-19.11.21.jpg←いくらなんでも、これは

タイヤの溝がヤバイんです。山梨ツーで指摘されたので速攻お店に走ったのですが、お目当てのタイヤが6月下旬入荷とのこと。仕方なく今回はこのままで行く事にしたんです。

2010.06.04-13.55.26.jpg←天気大丈夫かな?

chibiokaさんと別れ、R17を淡々と登っていきます。するとすぐに降りだして来ちゃいました。もうリアがズリズリ滑って怖かったなぁ、死にそうでした。そんな思いをしながらもなんとか新潟県に突入。すると、

2010.06.04-14.29.26.jpg

ピーカンじゃないですか!良かった、下りが濡れてなくて。

2010.06.04-14.30.40.jpg←Naeba

シーズン外れで閑散としている苗場スキー場の辺りを軽快に走り抜け、

2010.06.04-14.32.40.jpg←待って~

日本海に向けて、山を駆け下りていきます。

2010.06.04-15.00.21.jpg←長過ぎだよ!!

途中7分待ちの信号規制に引っかかったり、

2010.06.04-15.01.18.jpg←なんかカッコいい~

気になる看板に目が行ったり、

2010.06.04-15.21.48.jpg←人がいないなぁ

十日町の街中を走りぬけたり、

2010.06.04-15.30.40.jpg←これが道の駅?

何もない道の駅クロス10十日町に寄って休憩したり、

2010.06.04-16.32.42.jpg←魚沼産コシヒカリ?

米どころ、新潟を象徴する一面水田だらけの中を疾走したり、山の中を爆走したりしながら、3時間余り走り続け、ついに、

2010.06.04-16.53.58.jpg←海だ、海だ~

日本海とご対面~!!!やったね。

2010.06.04-16.55.58.jpg

2010.06.04-17.01.24.jpg←真っ青な空

後は、ひたすらフェリーのりばがある新潟港まで海沿いを走って行きます。今日は本当に移動するだけなので一切観光はなし、走るだけです(笑)

2010.06.04-17.10.53.jpg←いいなぁ

出雲崎で一休止。絵になるカップルが・・・、羨ましい。こっちはおやじ3人組だよ!

2010.06.04-17.12.02.jpg

でも、きっちり笑顔で記念写真をパチリ。

2010.06.04-17.20.18.jpg←贅沢だぁ!!!

ベンチに座り、コーヒー片手に太陽が沈み行く海をのんびり眺める・・・。

なんて、贅沢な一時なんでしょう。

2010.06.04-17.46.47.jpg

そんな大人な時間を過ごしたあとは、また淡々と走り続けるのでした。

2010.06.04-17.53.17.jpg←あと60km

2010.06.04-18.03.38.jpg←寺泊の町並み

2010.06.04-18.06.10.jpg←夕日が眩しいです

2010.06.04-18.12.03.jpg←ずーっと海岸線

2010.06.04-18.42.38.jpg←顔にやけてるよ~

にしても嬉しそうな2人、自分もだけど。なにせ3人とも海無し県人ですからね、海を眺められるだけでウキウキですから。それに今日は非日常ですからね、テンションも上がりまくりです。

2010.06.04-18.56.23.jpg←いい眺めです
    ↑右端に不倫カップルが(じんさん曰く)

日も沈んだ頃、無事新潟西港に到着です。フェリー乗り場を確認したあと、夕飯を食べに新潟市内に繰り出します。しかし、目的の店が見つからず断念。近くの回転寿司店で軽く夕飯を済ませました。

2010.06.04-19.38.35.jpg

その後、フェリーのりばに戻り乗船手続きを済ませます。まだ出港時間まで1時間半もあるんだけどね。

2010.06.04-21.50.05.jpg←手続き完了!

2010.06.04-23.03.24.jpg

本日の走行距離 400km

下道のみで400km走って、埼玉からここ新潟までやってきました。途中雨が降り出したときにはどうなるかと思いましたが、天気も持ち直し良かった良かった。でも、東北地方はこれから明日に掛けて天気が下り坂、大丈夫かなぁ。

それにしても新潟の道は立派です。山間部でも道幅も広く走りやすい。GSのお姉さんが言ってましたが田中角栄さんの力だって、なるほどね。

その3へ続く・・・

20100604000.jpg

4日の日記

これから乗船します~

4日の日記

日本海だぁ~

青森竜飛岬キャンプツー その1

やってきました、この日が。うきうきで眠れないと思い、昨晩はお酒の力を借りてなんとか寝たのですが、5時頃にはやっぱり起きちゃいました。

2010.06.04-07.25.49.jpg←そろそろなんだよなぁ

今日はいつもと違って、のんびり出発です。でも9時半秩父集合なのに2時間も前に家を出ちゃいました。まぁ、定峰峠越えして少し走ってから行けばいいかと(笑)。ちょっと不安な事もあるし、朝の占い悪かったのもあるので、あまり無理はせず走り出しました。すると途中で、

2010.06.04-08.49.36.jpg←行くしかないでしょ

「ポピー開花中」なる看板をあちこちで発見。時間もあることだし、いっちょ行ってみるかと。

2010.06.04-08.30.42.jpg

2010.06.04-08.31.30.jpg

牧歌的な風景を楽しみつつ牧場を抜けると、

2010.06.04-08.40.40.jpg

2010.06.04-08.40.22.jpg←絵になるねぇ~

2010.06.04-08.36.41.jpg←いい眺めです

辺り一面真っ赤な絨毯でした。その後、

2010.06.04-08.54.43.jpg←最高の天気だね

武甲山を正面に眺めながらのんびり進みます。この調子で行けば9時に着いちゃうなと思いました。でも折角だから早めに着いて山梨組をお迎えしようと向かうと、

2010.06.04-09.12.16.jpg←もういるよ!

オイオイ、もうすでに到着してるじゃないですかぁ?いつもながら早いよ、じんさん。結局いつものように、

B 「早いじゃーん」

J 「そっちこそ。」

が挨拶になりました。今回のツーも企画は、じんさん。参加者はTFWのじん組と呼ばれている、オバQさんと自分の3人です。朝早いのに3人ともハイテンション、じっとしていられないのでサッサと出発することに。先頭を行くじんさんご機嫌な走りなので、付いて行くのが大変です。あっという間に山の中を抜けて1時間足らずで、道の駅ららん富岡に到着です。ここで、群馬を抜けるまでエスコートをしていただくchibiokaさんと待ち合わせです。予定時間の30分前に颯爽と登場~

2010.06.04-10.44.55.jpg

2010.06.04-10.45.27.jpg←頭下げてお出迎え?

C 「早くね??」

J 「もう換えちゃったですね、タイヤ」

C 「当たり前だろ!!」

一同 「残念~」

C 「オイオイ・・・」

などと軽く談笑し、お昼までにはちょっと早いからということで、

2010.06.04-10.53.28.jpg←どれも美味しそう

まずはデザートを頂くことに。さすが群馬のグルメ王、美味しいものには抜かりはありません。ということでグルメな話はこちらchibiokaさんのブログでどうぞ。

2010.06.04-10.54.33.jpg←お洒落なお店です

あのラスクで有名なガトーフェスタ・ハラダのソフトクリームを頂きます。その中でもかなりの評判の一品がこれ、

2010.06.04-10.54.52.jpg←暑い時はこれね!

抹茶ミックスあんこ入り¥420です。

2010.06.04-10.58.24.jpg←これが絶品!

ソフトクリーム自体も美味しいのですが、このラスクにあんこがまた旨い!!!ただラスク1枚なんてケチな事言わずに3,4枚のせて欲しかったなぁ

さぁ次は本命のお昼に向かいましょっと。

2010.06.04-11.41.08.jpg

で、連れてきてもらったのはイタリアンレストラン「ボンジョルノ」です。キング・オブ・パスタに選ばれたお店です。

2010.06.04-11.43.44.jpg←これこれ

で、もちろん優勝パスタポークカッチャジョーネを頂きます。群馬の盛りを知らないじんさんをまんまと嵌めたchibiokaさん。

2010.06.04-11.55.28.jpg←ほぼ倍あります

運ばれてきたパスタに絶句のじんさん、大丈夫ですかぁ~。まぁ人の事はほっといて、いっただきまーす!!!

2010.06.04-12.01.48.jpg←これ見て!

柔らかポークの厚切りが何枚も上に乗ってます。こりゃぁ、優勝するのも当然だね。本当に美味しかったなぁ。今度は是非家族を連れて来たいなぁ。

お腹も満たされたところで(若干1名、パスタが出てきちゃいそうな人がいますが)県境の猿ヶ京に向けて出発です。

2010.06.04-12.53.43.jpg

それにしても高崎は暑いなぁ。停めておいたスカブは37度を表示、走っていても30度を下回りません。

chibiokaさんの案内で渋川市~高山村~みなかみ町とご機嫌な道を抜け、

CIMG3227.jpg←猿ヶ京にて

猿ヶ京に到着。さっきまであんなに暑かったのに今は寒いくらいです。それに天気が微妙~、こりゃヤバイな。

B 「時間あるんでしょ?一緒に三国峠越えて、関越道で帰ってくればいいじゃないですかぁ?」

C 「絶対、行かない!!!(笑)」

ということで、ここでchibiokaさんとはお別れです。お付き合いしていただき、ありがとうございました。

その2へ続く・・・

 

青森竜飛岬キャンプツー 準備編

恒例行事になったキャンプツーと言っても去年からだからまだ2回目(笑)。とうとう明日になりました。去年は、石川県能登半島(詳細はこちら)でした。で今年は、青森県竜飛岬です。

2010.05.30-09.38.19.jpg

企画者じんさんによれば、初日二日目は、オール下道各400km走行予定。最終日は東北自動車道走破の800km。かなりハードは行程です、大丈夫か?自分。

2010.05.30-09.35.16.jpg

とりあえず、荷物は準備オッケー。後は、着替えくらいかな。こんな荷物も、

2010.05.30-09.37.38.jpg

トップケースに楽々収納。去年は結構無理していれていった覚えが。今回はシート下ががら空きです。準備も出来た事だし、あとは当日を待つばかり。たぶん明日の晩は寝就けないと思うので、今日は早めに寝て寝貯めしておこうっと。

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。