スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒検合格その1

やりました、卒検1回で合格しました。8月下旬から始めて1ヵ月半かかりました、長かったです。
寝不足です、緊張のあまり夜全然寝れませんでした。家を出る前に一応イメージトレーニングして、深視力も練習してから行きました。教習所行く前にみきわめで走ったコースを通っていきました。ひょっとしたら卒検コースかもと思ったので。
教習所に着き、受付を済ますと大型二種の卒検は2人でした。先週応急救護で一緒になったIさんです。Iさんも仕事をしてるため時間がなく無理やり今日にしてもらってみきわめも昨日なんとかもらったそうです。かなりおまけだったみたいですけど。話をしていると時間になりました。苦手なN教官がうろうろしていたので2人して今日はだめだと話していたのですが、今日の卒検の担当は応急救護で1日お世話になったS教官でした。ふたりでこの教官なら変な緊張しなくていいかも、ひょっとしたら1回でなんとかなるかもと話していました。で、S教官から今日の流れとコース、注意事項などの説明を受けました。コースはやまが外れました。深視力も練習してきたけど、やらないということです。
説明も終わり、卒検コースのスタート地点に移動です。そこまではS教官の運転で2人は後ろで運転の復習です。話をしていると応急救護の時に一緒だったもう一人の人が火曜日に卒検を受けこの教習所初の卒業生らしいです。ということは自分もみきわめ1回で済んでいたら自分が一番だったかも、残念。検定の順番はIさんが1番で自分がその後です。今日は車も多く、人通りも多いです。しかし、Iさん無難にこなしました。教官のペンを持った手が動かなかったです。
次は自分の番です。教習では走ったことのないコースです。Iさんが走ったコースより難易度高いです。鋭角に曲がる交差点と狭い交差点が二つもありました。どちらも対向車に避けてもらいました。こりゃだめかな、今日は。そんなのが前半にあり、落ち着きを失い、路端停車も微妙な感じになってしまいました。その他の走行は問題なかったです。気落ちしながら教習所の所内へ。で戻る途中で事件が。なんと教官が教習車を縁石にぶつけました。右折だったのですが対向車に気を取られ左前をガリガリガリと。さすがに慌ててました。所内に戻り、教官降りてすぐ車を確認してました。中で2人はこれならなんとかなるかもと話していました。
気を取り直して、所内で鋭角と縦列駐車やりました。縦列は1回幅寄せしましたがなんとか終わりました。今日はだめだね、と2人で話していると今日の反省と注意事項を受け、「2人とも教習も頑張ってくれたし、注意しなければいけないところもしっかり分かって運転していたのがよくわかりました。免許取っても他のドライバーの手本になるように運転してくださいね。」と言われました。ということは合格?
事務所に戻り、30分ほど待たされましたが教官に呼ばれ「おめでとう、ふたりとも卒検合格です。」と言われました。ふたりで「ありがとうございます。」と何度を頭を下げました。他の教習生達が不思議そうな顔して見てました。自分達じゃなければわからないだろうな、こんなに感謝するわけが。で、卒業証明書が出来るのは午後になるということでとりあえず、解散です。
良かった良かった、その2へ続く。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。