スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

技能教習「12」「みきわめ」

1週間ぶりの実車教習です。前回は台風の中でしたが今日はいい天気で気持ちよかったです。で、1時限目は「11.急制動」、「12.回避」です。教官は台風の時と同じ教官でした。教官いわく、「こないだ台風だったから急制動や回避は無理だと思って次の項目やったんだけど上司にだめだって言われちゃって。なので今日は前半「急制動・回避」やって残りは総合コース走るね。慌しくなっちゃってごめんね。」と。教官の判断は間違ってなかったと思いますよ、台風の中で急制動なんか出来るわけないです。
そんなわけでまずは「急制動」。40キロで突っ込んでパイロンのところから急制動開始して11メートル以内で止まります。急制動と言っても急ブレーキではありません。安全に止まらなくてはいけません。これは特に問題なし、で次へ。次は「回避」ということで30キロで突っ込みパイロンのところで教官が赤白の旗をあげます。それによって右左真ん中と避けます。2回やって1.6秒、1.8秒でした。まぁ標準です。反応に1秒、バンクづけに0.25秒、車の移動に0.45秒で1.7秒かかるということでした。で残りの時間は総合コースを走りました。特に問題はないでしょうということでした。ここで1時限目終了です。教官わざわざ教習簿訂正してました。
10分の休憩を挟んでいよいよ最後の教習です。この時間は「みきわめ」というか卒検対策という感じでした。まず、教官が不安なところはと聞いてきたので「クランク」ですと答えました。ではまず総合コース走ってみましょうとなり、コースを一周。教官が後ろから付いてきているせいか緊張して「クランク」で見事に足ついてしまいました。ここで初めてちゃんと低速でのバランスの取り方教わりました。そしたらなんとなくコツが掴めた感じです。あと今まで「クランク」は超低速でしたが「通り抜けられればいいんだからもっとスピード上げていいよ。」と言われました。で、クランクだけ5回ほどやってみると、「あれ」と思うくらい簡単に出来ました。最後にこの教官に会えてよかったよというか今まで10人近くの教官に教習受けたのになぜ誰もわかりやすく教えてくれなかったんだ?若者じゃないから丁寧に教えてくれなかったのかな。だってこの時間もう1人に普通二輪教習してるけど外周路の白線利用して低速バランスの練習してるし、俺はそんな教習なかったぞ。まぁ愚痴を言っても始まりません、だってこの時間で教習すべて終わりだもん。最後に総合コースを一周して「一本橋」と「スラローム」を2回ほどやって教習終了です。で教官から「免許取ったらバイク乗るんでしょ。安全運転してね、間違っても空に飛んで行かないようにね。」と言われ無事「みきわめ」貰いました。あとは卒検だけです。感覚を忘れないうちにと思い一番早い日にと予約を入れたのですがなんと木曜日になってしまいました。3日も間空いちゃうよ、大丈夫かな?
教官からのアドバイス
低速はアクセルは一定で後輪ブレーキで速度調整、ふらついたらハンドルでバランスを。
教習所もいよいよあと一日です。3ヶ月も良く通い続けたものです。しばらくは教習はいいや。でも通ってた教習所、次は「大特」と「牽引」の指定を取る予定らしいです。その時モニター生どうって声がかかったら行っちゃうかも。教習所って意外と楽しいですよ、お金かからなければ。
2007.11.04-11.32.54.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。