スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「大型二種」&「普通二輪AT」免許取得 その1

今日、免許センターに行って免許取得してきました。大型二種は学科試験があるので朝からです。さすがに本番に弱いだけあって昨日も夜よく眠れませんでした。更に朝が弱いので起きるの辛かったです。受付開始が8時半からだったので余裕を持って家を7時に出ました。早すぎました、8時に着いてしまいました。車の中で教本を開いて最終確認して10分前に免許センターに入りました。するとすでに凄い行列が。試験受ける人ではありません、免許更新の人達です。で、試験受付の方を見るとすでに印紙販売してました。二種目ということで2000円分づつ申請用紙に貼ってもらい、受付窓口の前で立って待ちました。早く来ても椅子に座って時間まで待っていたら受付順遅くなってしまうんですよ。10分位なら受付前で待っていたほうが全然いいです。去年も来たからその点は慣れたものです。で受付が始まり窓口に申請書を提出すると受付の人に「○○(教習所の名前)かぁ?だめじゃん、大型二種は青じゃなくて赤なんだよねぇ。指定とって間もないからわかってないのかなぁ。」って言われてしまいました。そうなんです、教習所が申請用紙間違えたらしいです。縁が赤いのが正しいのに自分のは青です。普通車用じゃんかぁ、しっかりしてください○○教習所。なんとか受付を済ませ、いざ適性検査へ。なんということでしょう、要再検査のハンコを打たれ隣の別室へ。そうです、深視力がアウトだったのです。全然だめで「この機械じゃ無理そうだから隣行って。」と検査官に言われてしまいました。で1人隣の部屋へ。そこには正式な深視力測定器がありました。ちょっと怖そうな検査官に「寝不足?」といきなり言われ「緊張して眠れませんでした。」と言うと「そっかぁ、これは慣れが必要だからねぇ。大型持ってるからやったことあるでしょ。これ出来ないと免許取れないからね、頼むよ。」と言われてしまいました。10回ほど続けてやり終わりのほうで慣れてきたせいか5回続けて出来てなんとか合格になりました。これ5年ごとに毎回やるんだよなぁ、大丈夫かなぁ?毎回再検査になったりして。
なんとか適性検査をパスし学科試験が行われる教室へ。適性検査で手間取った分、部屋に入るとすでに30人位いました。でまたまた受付。ここでも申請用紙間違ったんだねと言われてしまいました、自分のせいではありません。二種受験者は15人くらいでした。
2007.11.14-23.39.53.jpg
で30分ほどして注意事項や説明を受け学科試験始まりました。20分ほどで全問終わったのですが自信のない問題が3問ほどありました。なんか問題文が長い問題が異常に多かったように思います。そうかと思えば「この標識は待避所ありである」と一言だけのも。でも標識内に待避所って書いてあるじゃん、これはサービス問題ですか?などと余計な事も考えながら見直しして10分前に退席しました。で発表のある1階で30分ほど待つことに。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。