スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TFW長野に行こう~! 後編

さぁ、後半戦スタートです。

駒ヶ根から伊那に向かって北上します。

2009.09.26-14.14.16.jpg←いざ出発

生活道路なので、車も多いためのんびり進みます。しかし、お腹がいっぱいの上にこのポカポカ陽気で眠気が、、、。
伊那に入りR361で権兵衛トンネルを抜けます。

2009.09.26-14.35.21.jpg←いいねぇ~

2009.09.26-14.39.04.jpg←今年2回目だ

権兵衛トンネル、羽淵トンネル、姥神トンネルと連続で通過。道は広くて走るのにはいいのですが、めちゃくちゃ寒いー!!!R19~野麦街道を入ります。ここからは、SS状態。前も後ろも見えなくなっちゃった。上りは400のパワーで着いて行けるのですが、下りは技術が無いため全然ダメ。まだまだ修行が足りませんそうこうして十数キロ皆で爆走し、その後、道を間違えながらも乗鞍上高地スーパー林道へ。手前から気になる立て看板がちらほらあったのですが、、、。

通行止め!!!

仕方ありません、引き返し別の道で進みます。前方のバイク集団と一緒になり、十数台の大集団で一本道をスローペースで進んでいきます。しんがりのじんじんさんは、優越感に浸りとってもうれしそうでした。

2009.09.26-15.46.48.jpg←ダムの上を疾走

なんとか目的の

3 白骨温泉

に到着。しかしすでに16時過ぎ、外来の営業は、、、

2009.09.26-16.13.45.jpg←嘘でしょ?

終わってるよ!!!しかしここまで来て帰るわけには行きません。観光案内所まで行き、温泉に浸かれる所を探します。

2009.09.26-16.17.16.jpg←秘境の温泉?

2009.09.26-16.20.19.jpg←どこかないかな?

で、案内所の人が言うには、

2009.09.26-16.25.04.jpg←町営で500円

ここが広くて一番お薦め。ということで、

2009.09.26-16.25.39.jpg←えぇぇぇぇ

入場料を払い、遥か谷底にある温泉を目指して、果てしなく続く(ように見えました)階段を下りていきます。

2009.09.26-17.19.36.jpg←気持ちよかった~

バイクで走ってきたため体が冷え切ってました、それに気温が13度。いやぁ、メチャクチャ気持ちよかったです。大自然を眺めながら、ゆったりと。ちょっと温めでしたが、じっくり入るには丁度いい。一時話題になったバスクリン疑惑、真っ白ってわけではありませんが、乳白色で硫黄の臭いが凄かったです。間違いなく、いい温泉です。スカブや大人の話をしながら、楽しいひととき。ほんと帰るの嫌になっちゃいます。だって、家まで300キロもあるし。

2009.09.26-17.22.51.jpg←崩落してる?

2009.09.26-17.23.11.jpg←身支度してそろそろ

温泉で芯から温まったところで、恒例の記念撮影会をし帰路につきます。

2009.09.26-17.45.35.jpg

白骨温泉を出発してまもなく、日が沈み辺りは真っ暗。更に山の中なので灯りもなく暗闇の中R158を松本までただひたすら下ります。19時過ぎに松本ICに、そこから諏訪湖SAに向かいます。ここで、コーヒーで暖を取りしばし休憩。

一息ついたところで、解散場所の双葉SAまでチキチキレース暖かくなってきてオバQさんが目覚めました。あっという間にいなくなっちゃった。途中、雨が降ったあとなのか路面が濡れていてビビリの自分はペースダウン。

双葉SAに着くと、雨がポツリ?主催者じんさんの〆の言葉もそこそこに給油して、それぞれ解散となりました。ここからは走り慣れた道、いつものように圏央道経由してバビューンと自宅まで。1時間半ほどで無事帰宅。

2009.09.26-22.08.49.jpg

総走行距離 771.1km 燃費 26.0km/L

いやぁ、さすがに今回は疲れました。なにせ自己最長走行距離です。青森まで行けちゃうじゃん!!!でも久々のマスツーだったので、とても楽しかったです。

美味しいもの食べて、温泉入って、贅沢だぁ~!

また、楽しいツー行きたいな。

ちなみに、自分とchibiokaさんは関越~上信~長野~中央~圏央の高速一周ルート完走です。

こちらもどうぞchibiokaさんのスカブといっしょ

2009.09.27-11.33.35.jpg←また来てね!娘のお土産

20090926000.jpg

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。