スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TFW 桃狩り&山梨軽くツー 後編

作業を終え、道の駅「しらね」で一息入れた一行は後半戦に向かいます。

バイクで来た、かもじろ~さん夫妻、じんさん、おっとーさん、あおちゃんさん、それになぜか車の自分。あのう、すり抜けとか出来ないのでついて行けないと思うのですが。

そんなわけで、出発準備をしているライダーを横目に一足お先に出発。

2010.07.18-12.13.24.jpg←いい眺め~

R52を南下して、合流地点まで進みます。それにしてもいい天気だなぁ。眺めもいいし、気持ちいい。

2010.07.18-12.38.57.jpg←来た来た~

30~40分走ったところで合流地点に到着。一本道でノロノロ走っていたので、バイク軍団に抜かれるかなと思ったのですが、先着しちゃいました。しばらく待っていると一行が到着。この先はもう一本道なので次の目的地まで、もうひとっ走り!

と思ったら、

2010.07.18-12.44.45.jpg

2010.07.18-12.44.55.jpg←うそーー

全面通行止め!!!

どうやら、ここ何日かの豪雨のため、土砂崩れがあったようです。最終目的地の奈良田温泉はこの道しかないので断念せざる終えません。残念~(泣)

引き返そうかと思ったところ、どうやら昼処に予定していたところまでは大丈夫そうということなので、もう少し進んでみます。

2010.07.18-12.47.45.jpg←待って~

気持ちの良い山道がこの先続きます。じんさん、かもじろ~さんはあっという間に見えなくなりました。車じゃついて行けないよぉ~、ってスカブでもついて行けないですけど自分。

30分ほど右に左にと走って着いたのが、

2010.07.18-13.04.21.jpg←やっとお昼ご飯

そば処アルプスです。

2010.07.18-13.11.31.jpg←いい景色だね

立地も店内からの眺めもいいところです。お喋りな看板娘(50年前のね)に一同かなり振り回されましたがね。でも、梅ジュースやら天ぷらサービスしてもらっちゃった。

2010.07.18-13.21.24.jpg←もりそば大盛

お腹も満たされたので、温泉でも行ってさっぱりしましょう。奈良田温泉がだめということなので、どこ行こうかとパンフレットを見ていると「素朴な佇まいの立ち寄り温泉」の一言が気になる温泉がありました。上ってくる途中にもリニューアルしたとのノボリが多数あったので、期待して行ってみると、

2010.07.18-14.01.01.jpg←素朴な??

2010.07.18-14.04.10.jpg←貸切~

まぁまぁ良しとしましょう。500円で入れたし、半露天みたいな開放感だったし、なんたって時間が良かったのか貸切状態で入れましたからね。桃狩りで汗だくだったのでさっぱり出来て、気持ちよかったです。

2010.07.18-15.29.14.jpg←気をつけてね~

その後、R300で本栖湖経由のバイク組を見送り、甲府まで戻り、中央道で帰宅することに。

しかし、甲府南ICで乗るやすでに大渋滞。掲示板には「八王子まで3時間以上」の表示が。今の自分には渋滞のノロノロは危険過ぎます、居眠りしそうだし。ということで、中央道を諦め勝沼ICで降り、フルーツラインを疾走

2010.07.18-16.48.25.jpg←富士山だぁ~

先日のTFWツーで来たばかりだなぁと思いながら、

2010.07.18-16.53.17.jpg←今日はスルー

道の駅まきおかを通過し、

2010.07.18-17.09.57.jpg←710円高!!

雁坂トンネルを抜けて、

2010.07.18-18.32.23.jpg

秩父市内の渋滞を我慢して、3時間ほど掛けて帰ってきました。さすがに夏休みが始まったこともあり、高速の渋滞は半端じゃないです。昼間の猛暑の時は車で良かったと思いましたが、帰ることを考えるとスカブじゃないと。すり抜けていくバイクが羨ましかった(笑)

まさかの通行止めで秘湯に行けなかったのは心残り。じんさん、リベンジする時は連れてってね。

それにしても、ほんと猛暑の中、

大勢の方に参加してもらいありがとうございました。

ほんとに助かりました。楽しんでいただけたようでしたし、良かったです。

しかし、また来年もと思っていたのですが、ちょっといろいろあり今回限りになりそうです。TFWの皆でなんて事も思いましたが、田舎だけにいろいろあり無理みたいです。

期待させちゃっただけに、ごめんなさい。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。