スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

稚エビが2センチほどに

稚エビが産まれて1ヶ月ほど経ちました。モスハウスの中にはまだ5ミリほどの稚エビ達が金魚達に襲われない様に隠れてますが、最初の頃に生まれて無事に育っている稚エビ達は体長も2センチほどになり活発に水槽内を動き回ってます。結構います、あっちにもこっちにも。抱卵したママエビもまだ2匹いるし。ミナミヌマエビ凄いな、CRSもこんな風に増えてくれればいいのに。流木を入れてからエビ達が水槽内を良く移動するようになりました。入れる前はモスや水草に隠れていることが多かったのですが。エビ達には過ごし易い環境になったのでしょう。水槽内がにぎやかになりました。最近、咲ひかり金魚育成用という沈下性の餌を主に与えているのですが沈む前に水流で流され水槽内に散らばってしまいます。おかげで水草やモスなどに引っかかりそれを食べようと金魚達が必死につんつんするので水草がボロボロに。これはイカンと思い、餌拡散防止リングというのを取り付けました。これいいです、浮いてる餌はリング内に留まり、沈下性の餌はその真下にしか落ちません。何回かやっていると覚えたのか金魚達はリングの下辺りだけをつんつんするようになりました。これで水草もモスも安心です、そのせいでしょうかエビ達が動き回るようになったのは。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。